ウサギを使って医療機器の皮膚刺激性を調べる試験の試験計画書で、小見出しの"Housing"が「住居」と訳されていました。

シルバニアファミリーのおうちが目に浮かぶようでほっこりしますが(笑)、適切な訳語の選択であるとは思えません。

小見出しが"Housing"である場合、たいていは「飼育ケージ」の材質や形状、寸法などが説明されています。ただし、場合によっては、"housing"が「飼育条件」や「飼育環境」全般を指していることもあるので、文章の内容に応じて適切な訳語を選択する必要があります。

上記の報告書では、個別ケージであることとケージの寸法が説明されていただけだったので、「飼育ケージ」に修正しました。






ランキング参加中ですにほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
前回の記事で、"sponsor"は、治験の場合には「治験依頼者」(治験以外の臨床試験では「試験依頼者」)、品質に関する各種試験や安全性に関する非臨床試験では「試験委託者」と訳すことを紹介しました。"sponsor"と同じように、とても基本的な用語なのに普通の辞書には載っていない"protocol"も続けて紹介しておきます。

"protocol"は、治験の場合には通常「治験実施計画書」(治験以外の臨床試験では「臨床試験実施計画書」)、品質に関する各種試験や安全性に関する非臨床試験では「試験計画書」と訳します。





ランキング参加中ですにほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
医療機器の安定性試験の報告書で、"sponsor"が「依頼者」と訳されていました。

"sponsor"は、治験の場合には「治験依頼者」(治験以外の臨床試験では「試験依頼者」)ですが、品質に関する各種試験や安全性に関する非臨床試験では「試験委託者」と訳します。

先の翻訳者さんは、治験関連文書ではsponsorを「治験依頼者」と訳すことをご存じだったため、「依頼者」という訳語を選択されたのかもしれませんね(*^_^*)。






ランキング参加中ですにほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
毒性試験での動物の一般状態観察所見を記述した文中で、"rough hair coat"が「ぼさぼさした被毛」と訳されていました。

これは、一般状態が悪化して毛づくろいをしていない動物の被毛の状態(光沢がなくゴワゴワしていて毛並みが荒れている状態)を表した言葉で、まさしく「ぼさぼさした被毛」のことなのですが、通常は「被毛粗剛」という用語を使います。

"rough fur"、"coarse fur"も「被毛粗剛」と訳します。

※ 一般状態の観察所見に関する用語は辞書に載っていないことが多く、国立医薬品食品衛生研究所の毒性用語集(一般状態用語集病理所見用語集催奇形性所見用語集)がとても参考になります。この用語集には英語と日本語が併記されていて、それぞれの用語について簡単な説明が付されています。



ランキング参加中ですにほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
吸入薬の毒性試験についての文章中で、 "nose only inhalation" が「経鼻吸入のみ」、「鼻のみからの吸入」と訳されていました。

ラットやマウスのような小さい動物に薬物を吸入させるための主な方法は、動物をチャンバーに入れて全身をエアロゾルに曝露する全身吸入( 参考:全身吸入ばく露チャンバー )と、動物を保定して鼻部だけを曝露する鼻部吸入(参考:鼻部吸入曝露システム)です。 "nose only"は、全身吸入に対して鼻部だけを曝露することを表現しています。

"nose only inhalation"は、「鼻部吸入」と訳していいと思います。



ランキング参加中ですにほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
マイリンク
プロフィール

Kaho~☆

Author:Kaho~☆
フリーランス翻訳者
  (獣医・医薬分野/英日)
獣医学修士

自然大好き、全ての命あるものが好き。東南アジア大好き(シンガポール在住歴あり)。動物病院で獣医師として勤務していましたが、2009年からフリーランス翻訳者として活動。

カテゴリ
最新記事
twitter ID:Naturekkp
私的なメッセージや翻訳のご依頼はこちらから★    お気軽にどうぞ(*^-^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jp
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR