単位の表記にはいろいろあって、英文では、inch(インチ)、feet(フィート)、yard(ヤード)、pound(ポンド)、ounce(オンス)など、日本人にはちっともピンとこない単位がしばしば使われています。

英語から日本語への翻訳をするときヤードポンド法での表記があった場合、世界共通であり、日本人にもなじみの深い国際単位(SI)に変換して、()書きで併記するようにしています。

   ★参考サイト【国際単位(SI)は世界共通のルールです】


単位の変換には「Googleの単位変換機能」がとっても便利で、例えば、Googleの検索窓に「17インチをセンチメートルに(17インチ、だけでもOK~)」と入力してEnterを押せば、一瞬で「17インチ = 43.18 センチメートル」と答えてくれます。

温度についても、華氏温度で書かれていることが多々あり、訳文には華氏温度と摂氏温度を併記するようにしているのですが・・Googleの検索窓に「華氏70度を摂氏に」と入力してもお答え無しなので、華氏摂氏を変換してくれるサイトを使ったりしていました。

が!
今更ながら・・
「70華氏を摂氏に」「70f to c」「70FをCに」というように数字を先に書くと、Google先生が機嫌よく教えてくれることがわかりました。

それどころか・・検索窓に「70華氏」と入力するだけで、ちゃんと計算してくれるのですね~。

スポンサーサイト
マイリンク
プロフィール

Kaho~☆

Author:Kaho~☆
フリーランス翻訳者
  (獣医・医薬分野/英日)
獣医学修士

学生バンド⇒ペットの獣医師⇒シンガポール植物園、国立博物館での日本語ガイド⇒PTA役員⇒翻訳などなど・・人生という航海の途中、情熱を注ぐ対象は変わってきましたが、いつも「今が一番」に思えます。精一杯の愛をこめて、今日も舟を漕いでいます。

カテゴリ
最新記事
twitter ID:Naturekkp
私的なメッセージや翻訳のご依頼はこちらから★    お気軽にどうぞ(*^-^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jp
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR