FC2ブログ
※-----以前に「翻訳スタイルと用語の選択」というタイトルで、翻訳を始める前には翻訳スタイルを決定すること、翻訳作業中には用語・訳語を慎重に選択することについて書いたので繰り返しになってしまいますが、訳語の選択についての検証が不十分な訳文がやっぱり気になるので、「このサイトについて」のカテゴリに追加するためにもう一度投稿しています<(_ _)>-----※

医薬関連の文書には特殊な用語がたくさん使われています。ガチガチの専門用語であればそれなりの辞書に載っていると思いますが、辞書を引いただけではわからないことや、よく知っている単語なのに(一見簡単な単語ほど)文書の種類や文脈に応じた適切な訳語は何なのか判断が難しいことがよくあります。

残念なことに、翻訳会社から参考資料として提供される訳文やウェブ検索で見つけた邦訳版らしき文章にも、適切ではないと思われる訳語が残っていることが多々あり・・・これは笑い話ではなく・・・翻訳者、翻訳会社、クライアントが厳重にチェックしたはずの確定版の訳文で"active transport"が「活発な輸送」になっていることもありました(文脈から「能動輸送」であることは明らかでした)。

誰でも知っている簡単な単語でも、常に意識して適切な訳語を選択するよう注意しなければなりません。例えば、"dog"は 非臨床試験についての文書では動物種としての「イヌ」であり、「犬」ではありません。"increase"は「増加」としてしまいがちですが、血中濃度や血圧なら「上昇」とするべきであり、ほかにも「亢進」、「増強」、「増大」、「拡大」、「向上」 などが適切であることもあります。辞書に載っているからと確認せずにそのまま使うと、上記の「活発な輸送」のように大きな間違いになってしまうかもしれません。簡単な単語であっても、書籍やコーパス、ウェブ検索等を使って、文書の種類や文脈に応じた適切な訳語であるかどうかを確認する習慣を付けておくといいと思います。

このブログでは、医薬分野の英日翻訳をするときに、辞書に載っていない、辞書にある訳語を安易に使用してはならないなどのために誤りやすいと思われる訳語・用語の選択について、気がついたものから少しずつ記事を書いています(左カラムのカテゴリ欄、「訳語・用語の選択」)。該当する記事があれば、右上の「検索フォーム」から検索することもできます。少しずつ、少しずつですが、いつかどこかで誰かのお役に立てたらいいなーと願いつつ (#^.^#)




ランキング参加中ですにほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



はじめまして。
フリーランスで在宅翻訳をしているKaho~☆と申します。

私はシンガポールで暮らしたことがあり
その間に、シンガポール植物園と国立博物館の日本語ガイドグループで
熱帯の自然に関する書籍やウェブサイト、博物館展示物のキャプションなどを
数多く和訳する機会に恵まれました。

要点を理解して誤りなく訳出し
読み手の立場に立って
わかりやすい文章できちんと伝える・・
それは、本当に楽しい作業でした。

この経験のおかげで
翻訳を仕事にできたらなぁ・・と
2008年に翻訳者ネットワーク「アメリア」に会員登録し
2009年に獣医学関連の求人に応募して
在宅翻訳者の道を歩き始めました。


翻訳学校に通ったわけでもなく
英語のバックグラウンド(英検、TOEICなど)もありませんでしたが
最初にご縁のあった翻訳会社さまがとても素晴らしい会社で
素人同然の私の様子を見ながら育ててくださったおかげで
実務を行いながら勉強し、いろいろな経験を積むことができました。

専攻は獣医学ですが
現在は主に、医薬分野の翻訳(英語から日本語)をしています。


このサイトでは
自分への覚書、の意味も含め
翻訳(特に医薬翻訳)に関する情報を提供できたら、と思っています。

翻訳者という職業に興味のある方や
医薬翻訳者を目指しておられる方に
何某かのヒントが見つかることを願いつつ。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


マイリンク
カテゴリ
最新記事
プロフィール

Kaho~☆

Author:Kaho~☆
フリーランス翻訳者
  (獣医・医薬分野/英日)
獣医学修士

自然大好き、全ての命あるものが好き。東南アジア大好き(シンガポール在住歴あり)。動物病院で獣医師として勤務していましたが、2009年からフリーランス翻訳者として活動。

twitter ID:Naturekkp
私的なメッセージや翻訳のご依頼はこちらから★    お気軽にどうぞ(*^-^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jp
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR